転職活動

不況時の転職は難易度高い?どのように行動すればいいか

不況時の転職は難易度高い?どのように行動すればいいか

転職を考えているけど、これから不況になるんでしょ?これから転職するのは無謀でしょうか…。

こんな悩みに答えます。

東京オリンピック後には大きな不況の時代が来ると言われてきましたが、その前にコロナの蔓延で不況の大波が押し寄せています。

そろそろ転職したいなと思っていたけど、今後の不況のことを考えるとなかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

ぱいせん
ぱいせん
不況時には不況時の立ち回り方で転職活動をすることで、視野を広げて未来を見つけることができるかもしれませんよ!

不況時の転職は難易度高い?

正直言って不況時の転職難易度は高いです。

不況時は明らかに有効求人数が減り、求職者数が増加します。

リーマンショック後は明らかにそうなっていましたね。

失業する人も増えるけど、企業側は積極的に採用しない状況になるので、仕事を求める人の方が多くなっていきます。

そうなってくると希望の仕事に就けなかったり、妥協せざるを得ない状態になってしまったりするので、不況時の転職活動は正直おすすめではありません。

それでも転職活動したい場合は、今の仕事を続けながら転職活動をするのがベストだと思います。

職を失わずに次の職を探すことができれば、ひとまずお金の心配をすることはありませんから、ダメだったら景気が好転するまで我慢して働くかという考えになります。

不況時の転職活動、具体的にできることは?

不況時に転職活動する際は、絶対に自分の力だけでおこなわない方がいいです。

転職エージェントや派遣会社の紹介予定派遣などの求人を狙って行くようにしましょう。

特に転職エージェントなら正社員の転職には繋がりやすいです。

転職エージェントには不況でも優秀な人材を採用したい企業が積極的に求人を出しています。

エージェント側もそのことを理解しているし、企業と求職者をつなげることで利益を上げているので、求職者に対してはしっかりと向き合ってくれるはずです。

ぱいせん
ぱいせん
ひとまず転職エージェントに登録して、担当者と面談をして状況を聞いてみるっていうのもありがと思います。

登録したからと言って必ず転職しないといけないということもないし、無料で利用できるので、利用できるものは利用していきましょう!

不況時でも積極採用している企業はある!

不況でリストラや採用活動を停止する企業は確かに増えますが、そんな中でも不況の時期だからこそ積極的に採用活動をする企業もあります。

インフラや通信、IT関係など、現代において人々の生活に必要不可欠なものをっ取り扱っている会社は不況に強いと言われていますね。

逆になくても生きていける様なものは不況の煽りを受けて事業が縮小したりする傾向がある様です。

大手企業が採用活動を停止するということは、優秀な人材を大手に取られないということですから、不況に左右されない業界の小規模の会社やベンチャーなどは積極的に採用活動をしていくことも大いに考えられます。

なので大手企業にばかり目を向けるのではなく、自分の力を発揮できる会社はどこかしっかり見極めて企業を分析していくことが大切です。

まとめ

不況時の転職活動は難易度が高いですが行動したいでは大きなチャンスに変えることができます。

在職中にしっかり情報収集をして根回ししておいて、チャンスがきたら逃さないようにしていきましょう!